英国式紅茶教室 Salon de bonheur

英国式紅茶教室&マナー教室 紅茶から広がる素敵な暮らしをご提案させて頂いております
TOP ≫ CATEGORY ≫ 美術展・演劇
CATEGORY ≫ 美術展・演劇
≪ 前ページ       

千家十職軌跡展@日本橋三越

いよいよ明日までとなりました千家十職の軌跡展・・・
今回は三千家に伝わる道具の数々を一堂に拝見することが出来るという事で
連日混雑をしていたようです
先週仕事帰りに大急ぎで行ってきました

一番初めに拝見したのが楽家初代長次郎作の楽茶碗・・・
利休所持後色々な家に渡り表千家に再び戻ってきた楽茶碗でした
400年以上前に千利休の側に置かれていたというお茶碗を拝見することが出来るなんて
あまりにも感激してしまい暫くそこから動けませんでした
400年以上前、千利休はどのような想いでこの茶碗を使っていたのかしら?
と暫し考えておりました

それ以外に展示されている道具もどれも素晴らしかったです
十職それぞれの道具も流派・家元それぞれでお好みがありますので
今回の様に他の流派の物を拝見する機会はあまりございません
とても勉強になった展示会でした
本物を見るという事は教える立場としてとても大切な事だと思いました

o0480027013742908826.jpg



美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

日本橋三越英国展も楽しみです♪&千家十職展詳細です^^

昨日梅田阪急英国展が期待大と書きましたが
日本橋三越英国展も負けておりません
開催は9月14日(水)~19日(祝・月)まで本館・新館7階にて開催されます

今年は昨年サロンでもレッスンをして頂きました
宮脇樹里さんのTea Room Juri'sがやってきます
昨年のレッスンの様子はこちら → 
今年の1月に英国へ戻られ、ティルームをリフォームされ
6月には日本からのツアーで多くの方が再訪し素敵な時間を過ごされたようです

きっと初日から行列ができるのではないかしら?と思っております
日本滞在中に少しゆっくりできそうな時があったらお会いしましょう・・・とお話ししておりますが
まずは英国展で再会を楽しみにしております
o0300040011367111730.jpg

そしてもうお一人私がお世話になっている方・・・
ケイティー恩田先生もご出展されます
9月15日・16日は先生のお話し会も開催されます
是非こちらも要チェックですよ~

そして5階リンビングフロアは英国展中に
美しいシルバーが展示販売されるそうです
私のFirst Silverとなったティポットを購入して以来
大変お世話になっているオンスローガーデンズです
今後サロンでもレクチャーなどをお願いする予定です♪

そして最後に先日少し触れました千家十職の軌跡展の詳細が発表されました
軌跡展は8月31日(水)~9月12日(月)までで
新作展は8月31日(水)~9月6日(火)までです
詳細はこちらをご覧くださいませ→ 
来月はイベントが盛り沢山になりそうですね
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

西洋更紗~トワル・ド・ジュイ展~

旅行記の途中ですが、明日までの美術展をご紹介致します
もっと早くご紹介したかったのですが、中々行くことができず
昨日仕事が終わってから行ってきました
金曜と土曜は夜9時まで開催されています
今日も夜9時までですから、ご興味がある方は是非♪
トワル・ド・ジュイはフランスのジュイ(市)という場所で作られた布という意味です
コットンにプリントした布がマリーアントワネットにも気に入られ
トワル・ド・ジュイを生み出したオーベルカンプは王立という称号を与えられ
ナポレオンより勲章を授かりました
これだけ多くの展示品が日本に来たのは初めてとの事です
東京の後は郡山で開催されるそうです
煌びやかさとはまた違った輝きを持つトワル・ド・ジュイ…それが皆んなに好まれる理由でしょうね💕
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

芸術的な一日~メディチ家の至宝~展へ

昨日は芸術的な(?)一日でした・・・
朝は自分のお稽古事で絵に関する事・・・
そして午後からは絵画の勉強~
そして最後に向かったのが、もうすぐ終了してしまう~メディチ家の至宝@東京庭園美術館~へ・・・

実はこの春から本格的に絵画の勉強を・・・というのも
食卓史についてもお茶に関する事や家具に関すること・銀器に関すること等々
古い時代の事は殆ど絵画から学びます
今までも何度か学ぶ機会はありましたが、今回は絵画の原点とも言われる時代から
学べる機会がやっときたので、内容はかなりハードですが脳の良い刺激と思い
頑張っております

昨日はそんなお話を聞いてからメディチ家の至宝へ向かいました
殆ど展示されている物は宝飾品ですが、絵画の勉強の成果?かどうかわりませんが
その所々にある肖像画を観る時今までと違った所に目が行くようになりました

メディチ家の美術工芸品を展示する展覧会は今回が初めてだそうです
ウフィツィ美術館は行った事はございますが、こんなに多くの物があるとは
存じませんでした・・・

昨日は閉館1時間前に入ったので、ゆっくりと回れず駆け足で見て回りました~
とても細工が細かく、小さなダイヤモンドに紋章が彫られていたり
細かいカメオなども多く、もう少しじっくりそしてゆっくり見て回りたかったな~と思います

実は今回メディチ家という事でもう一つ私には目的があったのですが
(多分銀器やテーブルを学んでいる方はお分かりですよね~でもそれを覆すことを
最近聞いてしまったので確かめたく・・・)
それは今回は見つからなかったかな~ということで
買ってはダメ~と思っていたのですが(もう家に本を収納する場所が無いので
図録を買ってきてしまいました

今週は日曜日のレッスンの事で頭が一杯なので
そちらが終わったらゆっくりと読みたいと思います

展覧会は7月5日(火)までです・・・気になる方はお急ぎくださいね
メディチ家
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

☆オールドノリタケと近代窯業の礎☆展へ

昨日は1日あちらへこちらへ移動しておりました
午前中は打ち合わせへ・・・
来年実行できるかな~と思っているサロンオリジナルイギリスツアーについて・・・
アテンドをお願いに行ってきました~
何となく実行できそうな気がしてきました

そしてその後友人が教えてくれたオールドノリタケと近代窯業の礎展へ行ってきました
場所は証券会社のショールーム・・・ですので飾られている作品数は少ないのですが
セミナールームで放映されている30分のビデオはとても参考になりました

日本橋高島屋の直ぐ側ですのでお近くへ行かれる方は
お立ち寄りくださいね~開催は今週の金曜日までです
o0480027013672603229.jpg

o0480085413672603236.jpg

o0480064113672640840.jpg

そしてランチに何を食べようかな~と思ったのですが
急にこちらに行きたくなって行ってきました
o0480085413672603243.jpg

そして最後は有楽町のパスポートセンターへパスポートを取りに行ってきました
9月に控えている旅行が今回はツアーなので早目の準備が必要です

さて、イギリスツアーへ意思表示をして下さっている方へは
後ほどご連絡させて頂きますね♪
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[静嘉堂文庫]茶の湯の美・煎茶の美

生徒様の中には私がご紹介をする美術展にも
とても興味を持って下さっているようです
今年は出来るだけ足を運びたいと思っておりますのでご参考にされて下さいね!
一昨日2年ぶりにリニューアルオープンした世田谷区岡本にある
静嘉堂文庫美術館へ行って参りました
前回も曜変天目茶碗が出展されていたのですが
今回もそちらを再度観たくて行って来ました
曜変天目は日本に3個しかない国宝です・・・
何度観ても曜変天目の輝きそして美しさには見入ってしまいます・・・勿論油滴天目茶碗も素晴らしいです☆
また今回は茶の湯だけではなく煎茶の中国宜興窯製の茶銚等も出品されています
なんと煎茶の道具は15年ぶりの物が殆どだそうですのでご興味がある方は是非♪
お茶の歴史にも関わりがある茶器類・・・お散歩がてらにいかがですか~?
私は二子玉川から歩いて行きましたが、バスでも近くまで行くことが出来ます♪
都心なのに都心とは思えないのどかな場所ですよ~
さて明日はBasic Class第4回目です
お天気が少々不安ですので後程生徒様にメールを入れさせて頂きます
ご確認の方をお願い申し上げます
静嘉堂文庫
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

今田美奈子先生の♡華麗なる薔薇のおもてなし展へ♡

現在新宿高島屋にて10月13日(火)まで開催されている
今田美奈子先生の展覧会へ行ってまいりました
華麗なる薔薇のおもてなし

サロンの卒業生の方がテーブルセッティングを出展されていて
本当はいらっしゃる時に伺えれば良かったのですが
どうしても都合が合わず、先日大急ぎで行ってまりました

今田先生の素晴らしいコレクション・・・
ずっとそこで立ち止まって一つ一つ眺めていたかったです
繊細なシュガーデコレーションも素晴らしいですが
更に誰もが憧れる王妃のテーブルセッティング等々
まるで夢の世界に居るようでした~
ルドゥーテの薔薇を立体的にシュガーで作ってあるのですが
私が好きな絵の薔薇があったので嬉しくなってしまいました~

開催は来週の火曜日までですのでご都合が良い方は是非ご覧になって下さいね~
いつまでも余韻に浸っている私でした

o0480036013446629689.jpg
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

~八月納涼歌舞伎~

一昨日からOL業は夏休みとなりました
そのお休み一日目は、久しぶりに歌舞伎へ・・・
八月納涼歌舞伎です
普段は二部制ですが今月は三部制・・・ですので演目も二つ・・・

第一部の〔おちくぼ物語〕と踊りの〔棒しばり〕を観てまいりました

おちくぼ物語は日本版シンデレラ物語・・・
おちくぼ姫は中村七之助さん・・・どんどん美しくなってきますね~
最後はとても幸せそうに♡
殆どが若手の役者さんばかりだったので何となく寂しい気もしましたが・・・
お話としてはとても分かり易い物語でした

そして棒しばりは中村勘九郎さんと坂東巳之助さん・・・
長唄と踊りのテンポが良いお話です
坂東巳之助さんの父・坂東三津五郎さんに奉げる演目でした
中村勘九郎さんは表情が本当にお父さんに似てきて、ひょうきんな所がまた面白い・・・
この棒しばりは会場内ずっと笑い声が起きておりました

さすが夏休みなので、外国の方がいつもより多かったような気が致します

昨日は少し過ごしやすい一日でした・・・お盆休みの方は楽しいお休みを♪
お仕事の方はお疲れ様でございます☆

私はもう少しお休みさせて頂きまーす^^
o0480063913393503490.jpg
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

~平成中村座・陽春歌舞伎~

火曜日に観覧してきたのは
浅草・浅草寺で現在公演されている
平成中村座・陽春大歌舞伎でした

3年ぶりに浅草にて公演されています
江戸の芝居小屋を再現するように移動式の舞台です
今までにも東京以外や海外へも進出しています

本当だったら中村勘三郎さんが音頭を
取っていたはずだったのに・・・残念ですね~
前回の時に観たかったです・・・

でもやはり今頑張っているご子息並びに共演者の方々を
応援したい気持ちもいっぱいありますので
今回どうしても観に行きたかったのです

入り口には中村座の文字の横に見得歌舞伎・隈取りが・・・
わかりますか~?探してみて下さいね!
小屋に入ると大きな提灯がぶらさがっておりました
平成中村座1

小屋には靴を脱いで上がります
椅子はベンチ椅子なので少々狭いですが座布団が敷かれていたので良かったです

さて、演目は・・・三笠山御殿・高坏・幡随長兵衛の三演目でした

高坏では、中村勘九郎さんの見事なタップも披露されます
笑いも多いお芝居です
そして七之助さんの女形も更に美しくなられたようです
また中村勘九郎さんのお子さんも出ていらしてとっても可愛かったですよ~^^
平成中村座2

歌舞伎界は今本当に大変だと思います

今年に入って三津五郎さんも亡くなられましたし
この平成中村座に出る予定だった
中村小山三さん今月になってお亡くなりになられました
確か新春歌舞伎の時は出ていらしたと思うのですが・・・

でも一ファンとしてこれからも観に行きたいと思います♪
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[三井美術館]デミタスコスモス展

先日の日曜日、熊崎先生のお茶会後に向かった先は
4月5日(日)まで三井美術館にて開催されいるデミタス コスモス展でした

ずっと行きたくてしょうがなかったのですが
なかなか行けず、でも今回の東京で最後だったので
何とか時間を作って行ってきました~♪

私、美術館に入ると時間がかかるのです・・・途中で戻ったりしますし

この日も1時間40分位しか時間が無いうえに結構混んでいたので
あまりにもゆっくりと見ていたら閉館のアナウンスが流れてしまいました~
ショップも閉店するという事で、最後の部分(日本)は
殆ど駆け足で見ました

それにしてもコレクションの数々・・・素晴らしかったです
ボーンチャイナの薄い食器は下から覗くと光で内側の絵柄がハッキリと見えたり
絵付けも食い入るように見ておりました☆

ガラス越しなので細部まではなかなか見れませんが
緻密な絵付けにため息が出るばかりでした♡
また食器熱が出て来そうです

特に食器がお好きな方はお急ぎ下さいね~

DSC_2890.jpg
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

~壽・初春大歌舞伎~観覧へ

本日成人の日を迎えられた皆様おめでとうございます♡

さて、先日今年初の歌舞伎観覧へ行ってきました~^^
歌舞伎座の中はお正月の飾りが沢山でした

今回の席は花道の左側で前から三番目・・・
少々舞台に近すぎるかな?と思いましたが、花道の所に
七之助さんや玉三郎さんがよくいらっしゃったので
とても楽しく観覧いたしました~

特に二話目の時は迫から玉三郎さんが出てらっしゃるのですが
その真横だったので美しさに思わず“きれい~”と言ってしまいそうでした
美しすぎてウットリでした~^^

一話目と二話目に出ていた七之助さんもとても綺麗でした~

実は今回も生徒様とバッタリ!!!そうです、昨年十月に桟敷席でお会いした生徒様です~
お話を伺いましたら今月2回目・・・七之助さんの大ファンで少しでも良く見える場所で
ご覧になりたいとのことで2回いらっしゃったそうです!!

ご存知のように歌舞伎って1ヶ月のうち20日以上開演日があり
日に午前・午後と回があるので、このように何度もお会いするという事は
本当に生徒様とはご縁があるのだな~と思いました☆

今年は何回観覧できるかな~^^

さて、明日は今年初のレッスンです
Step up Class第4回目~イギリスのティタイム・前編~です
ご参加の皆様気を付けてお越し下さいませ☆
春歌舞伎
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[泉屋博古館]茶の湯釜の美

先日チケットを頂きましたので東京六本木にございます
泉屋博古館へ行ってまいりました
いずみや・・・と読んでしまいそうですが、正しくは“せんおくはくこかん”です
東京は分館で、京都に本館があり、住友家の蒐集した美術品が並べられている美術館です

現在開催されている展示は“茶の湯釜の美”です
お釜の製造方法についてビデオを拝見したのですが
その工程の多さと大変さと・・・正直ビックリ致しました

お茶会でお釜の拝見なども致しますが
正直形以外は殆ど良く分かっておりませんでしたが
今回拝見した工程の事を思い浮かべながら今後は拝見したいと思いました

展示品は各流派の家元が好んだ御好みの釜が展示されておりました
形の違いや鐶付の違い・・・なかなか見分けることは難しいですが
とても興味深い展示でございました☆

今後も茶道のお道具について出来る限り美術館を回りたいと思います^^


美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

十月歌舞伎へ・・・

先日久しぶりに歌舞伎を観に行ってきました
今回は・・・
十七世 中村勘三郎 二十七回忌
十八世 中村勘三郎 三回忌の追善公演です

そして予約は昼の部へ・・・久しぶりの桟敷席
いつも発売と同時に売切れていることが多いのですが
今回ギリギリで購入したのに取ることが出来ました
きっと仮押さえしているのでしょうね・・・

席に案内されて、たまたまお隣に目をやったところ
????・・・・後ろ姿に見覚えがございました!!
ナント!!!サロン卒業生の方が座ってらしたのです
確かに中村七之助さんのファンだと伺っておりましたが
まさか同じ時間のそれもお隣に・・・^^;
お互いにビックリ致しました~♡!

一幕目と三幕目の主役は
中村七之助&中村勘九郎でした
七之助さんの女形もどんどんしなやかな身のこなしに
なってきましたね~
一緒に玉三郎さんも出ていたのですが
本当に美しいラブラブ!
お二人の踊りがまた観たいです♪

さて、今回のお昼は席まで運んでもらいました
お弁当ですが量が多くてお腹がいっぱいになりました
おやつも買ってあったのですがそれは食べれませんでした・・・
翌日の私のおやつに*^^*

年内はもう行けないかな~と思いますが
時間が出来たらまた行きたいな~と思います

歌舞伎10月

ご訪問のお印にこちらの拍手を押して頂けますと嬉しいです♡
どなたでも拍手出来ますので~♪よろしくお願い致します
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[大樋焼美術館]~Part2

昨日より台風が大変なことになっていますね・・・
沖縄の生徒様がいらっしゃって
先日東京から沖縄に戻られたばかりなので
とても心配です><
大きな被害が出ないことを祈るばかりです
今後は上陸の恐れなども言われ始めております・・・
少々不安な日々になりそうですね

さて、先日の大樋焼美術館を見学した後は
お茶室でお茶のおもてなしを受け
その後ギャラリーでお買い物を致しました~♪

建築士でもありインテリアコーディネーターでもある友人は
このギャラリー内の竹で作られた内装に興味深々・・・
また店舗のディスプレイなどを手掛けている友人は
商品のディスプレイの方法に興味津々・・・
一般人である私はひたすらお茶碗に夢中^^


本当はお抹茶茶碗が欲しかったのですが
0が多すぎて買えませんので
お湯呑茶碗を買ってまいりました~
勿論十代・長左衛門作です
お箱書きもされておりました


この飴色が特徴で艶が良く大きさも
手になじみやすい大きさで程よい重さ・・・
画像では分かり難いかもしれませんが
本当に素敵なのです音譜
とても気に入りギャラリー内で手から離さなかった私でした
大切にしなくてはね~
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[大樋焼美術館]~Part1

昨夜研修から戻りました!!
研修中のお話を少しさせて頂きますね~
昼食を各自で摂ってから集合してまずは先生のレクチャーを受けました
和食器についてや膳組みについてのレクチャーを
1時間半ぐらい受けてから移動しました

向かった先は・・・大樋美術館

1666年加賀藩の茶道奉行として京都から
裏千家四代 仙叟(せんそう)が前田綱紀の命により金沢に招かれ
そのときに楽家の門人であった長左衛門を
連れてきて、金沢の大樋村に良土の土を見いだした
ことに始まります

仙叟の指導の下茶器を焼き
前田家の御庭焼(おにわやき)となりました
その後、長左衛門を襲名しながら代々続いてきており
現在は十代目長左衛門となっております

当初美術館での説明は息子さんがなさる予定でしたが
海外出張の為、ナント!!十代長左衛門が直々に
説明をして下さいました
流石に先生も緊張されておりました~あせる

とても凄い方なので(プロフィールはHPからご覧くださいね)
難しいお話しかと思いましたが
そうではなくて、冗談を交えながら作品の説明を
して下さいました

作品に対する想いは奥深い物があり
伝統を守りつつも新しいことへのチャレンジを
常に考えていらっしゃる姿勢に感銘致しました

まだまだご紹介は続きます・・・
大樋
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[大樋焼美術館]大樋焼

昨日から研修で金沢に来ております
和陶磁器や漆器について学んでおります
昨日は茶道お茶碗などで有名な、大樋焼の美術館に行ってまいりました

詳しくは戻りましたらお話させて頂きますね~♪


それでは皆様素敵な週末をいお過ごし下さいませ♡
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[パナソニックミュージアム]フランス印象派陶磁器

先週の土曜日パナソニックミュージアムにて
現在開催されている"フランス印象派の陶磁器" を
観に行ってきました
o0400012512945899743.png

この日は学芸員の方のお話を
お茶を頂きながら伺えるとの事で予め申し込んでおりました
o0300040012945899741.jpg
申し込み先着15名様にはアビラントの食器でお茶を・・・
とのことでしたが、私は少々遅れてしまい
普通のティーカップでした・・・
ちょうど同じテーブルの方がそちらのカップで・・・
写真の奥に見える女性の絵が描かれたマダムルソワで
提供されていました

展示されているものの多くは
アビラント末裔の方の秘蔵品・・・
現代のアビランドですと華やかな磁器のイメージしかありませんが
どちらかというとファイアンス陶器や炻器が多かったです

セーブルの影響・北斎漫画の影響などが
作品のいたるところで見ることが出来ます
時代的には1870年前後のものが多いため
ヨーロッパの中の陶磁器の歴史では比較的新しいのですが
描かれている絵などが北斎などの絵を参考にしたと思われる絵が
多いので、もっと古い感じを受けました

また新たな技法を生み出して作られた
テラコッタなどで作られた壷などには
印象派の絵をモチーフにしたと思われる点を
見ることが出来ました

ところどころに飾られたテーブルセッティングのみ
写真撮影が許されておりました
o0400030012945899742.jpg
あまりアビランドの古い作品を観る機会はございませんし
現代とは全く違うイメージを持つことが出来
参考となる展示会でした

現在でもリモージュに大きな工場が残っているそうで
行ってみたくなりました~♪
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[サントリー美術館]IMARI

2014年4月スタートBasic Class募集中
本日で受付終了致します
ご検討中の方はお早めに☆


新年度スタート!新しいことを始めませんか?
詳細はこちらをご覧くださいませ→ 

昨日仕事が終わってから急いで六本木のサントリー美術館にて
開催されているIMARIを観に行ってきました
本当はもっと早くに行ってきたかったのですが
全く余裕が無くて、ギリギリのご紹介となりました

IMARI~伊万里~がヨーロッパへ輸出されるきっかけの時代から
ヨーロッパの王侯貴族の方を魅了した時代、そして衰退した時代・・・
染付から金襴まで・・・
今の時代でしたらとても簡単ですが、この時代に金や赤と言った色を作ることは
とても大変だったことだと思います
その当時、どんな風に描いていたのかな~?とか
この時代にはこうゆうことが流行っていたのか?等
とても参考になりました☆

中でもティーボウルの元となったと思われるお碗とお皿には
とても興味深かったですね~ティーポットなどもね^^
どんな方がどんな風に使われていたのかな~って考えると
その時代をのぞいてみたい気分になります♪

開催は明日まで!今日は夜20時まで開いていますので
お時間がある方は是非☆

o0480064012875375821.jpg
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[五島美術館]茶道具取合せ展

2014年4月スタートBasic Class募集中

新年度スタート!新しいことを始めませんか?
詳細はこちらをご覧くださいませ→ 

先日五島美術館で開催されていた“茶道具取合せ展”へ行ってまいりました
もともとは東急電鉄元会長・五島慶太氏のコレクションを展示するために
創設された美術館です
ずっと改築の為に閉館されていたのですが、昨年末に改修が終わりました

所蔵品は素晴らしい物があり、特に茶道関係の展示はとても勉強になります

私は美の友会に入っております
1年を通して講演会を無料で聞けたり、何度も展覧会を観れたりと
とてもお得な会です

実は先日私自身茶道の許状が届き
(私が申請したのではないのですが・・・
今年は更に本格的に茶道に力を入れなくてはいけなくなりそうなので
お道具の事も真剣に学ばないと・・・と思っております

秋にも茶道具取合せ展が開催されるようですので
ご興味がある方は是非♪

次回は2月22日(土)から“中国の陶芸展”が開催されます
陶磁器の歴史にも役立ちそうです!

五島
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[パテックフィリップ展]@聖徳記念絵画館

昨日はお仕事を抜け出して(笑)
神宮外苑にある聖徳記念絵画館へ行ってきました
お天気も良く風もなく気持ちが良い1日でしたね~

o0480036012817755234.jpg

こちらで開催されていたのは
スイスの時計メーカー
パテックフィリップ展~世界の中のタイムピース~
行ってきました
開催はたった3日間だけ・・・今日が最終日です

創業175周年を記念しての特別展でした

一番最初に飾られていたのは1851年
ロンドン万博にてヴィクトリア女王に献上された
ペンダント・ウォッチ
(パンフレットの青い時計です)
青の輝きがとても綺麗でした

その他にもエリザベートのペンダントウォッチ
キューリー夫人・チャイコフスキー等の時計
またスイス初の腕時計鳥がさえずることで時間を教えてくれる
シンギングバード等・・・


輝かしい時計が沢山展示されておりました

ただとても混雑していたので
正直ゆっくりと見ることは出来ませんでした・・・
並んでいても全然進まないのですもの~

それでも美しい物を拝見すると心がとても豊かになりました

o0480064012817755223.jpg


美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[歌舞伎]初春大歌舞伎へ・・・

2014年4月スタートBasic Class募集中

新年を迎え新しいことを始めませんか?
詳細はこちらをご覧くださいませ→ 

今日は少し遅い更新となりました・・・

昨夜は母と従姉と一緒に歌舞伎を鑑賞してまいりました
今年は出来るだけ着物を着たいと思っておりましたので
昨夜も色無地の着物で行ってきました~

歌舞伎座が新しくなって、お客様も大変多く
昨日もバスツアーなどでいらしている方も多かったようです
私は夜の部を観てまいりました

一幕目は「仮名手本忠臣蔵」九段目 山科閑居
少し言い回しも難しいところがありましたが
子のためにわが身を捨ててもわが子を思う親心の気持ちが
素晴らしいな~と思いました

二幕目は「乗合舟恵方萬歳」
こちらは踊りです
新年を迎えた隅田川のほとりで舟に乗り合せた人々が
次々に踊る賑やかな踊りでした

三幕目は「東慶寺花だより」
作は井上ひさし・・・
井上ひさしをモデルにしたと思われる信次郎・・・
市川染五郎が演じたのですがとても楽しく内容も分かり易いので
ついつい笑ってしまう新作歌舞伎でした

歌舞伎は少し難しいかと思われがちですが
初めての方にはオーディオガイドなどもありますし
一幕見という事も出来ますので是非皆様にも
観て頂きたいな~と思います☆
新作歌舞伎はとっても分かり易いですよ~^^

歌舞伎
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[フローラ・ダニカ展]@Q.E.D CLUB

一昨日Q.E.D CLUBにて開催されていた
クレスティップス(旧スカンティプス)の
フローラ・ダニカ展へ行ってきました

以前通っていたお教室で一緒だった友達が出展されていたので
久しぶりに絵付の世界へ~♪
と言っても実は最近京都の友人からも展示会のお誘いがあったりで
かなり私自身絵付復帰に心が揺らいでます^^;

今回出展されている方は全てヘッドマスターをお持ちの方!
今まで見てきた色合いに比べると
どの作品も透明感があって優しい感じでした

使っている食器も漆の部屋は抹茶茶碗…
人間国宝の方の抹茶茶碗に描かれたそうです
値段を伺ってビックリ!!でした

それ以外ではマイセンやKPMの食器に描かれていました

フローラ・ダニカは
デンマークに生息する植物を正確に写生し
1761年にこれらを記録する目的で刊行が開始された
手彩色銅版画植物図譜集のことだそうです

今回初版を含めた原画も展示されていました

石井先生も会場にいらしてご説明されていました

私の先生は前日にいらしていたそうで
お目にかかれませんでしたが
久しぶりに美しい物を見れて心が豊かになりました~

それにしても私の一番好きな場所…
Q.E.D CLUB
久しぶりに伺いましたがやっぱり落ち着く場所です~
色々な思い出がよみがえります~^^

o0480048012769053865.jpg

お帰りの際にポチッと拍手を押して頂けますと嬉しいです♡
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

添釜へ・・・

現在日本橋三越にて明日16日まで開催されている
八代吉向十三軒 茶陶展へ行ってきました

茶道の先生がそちらで添釜としてお茶席をかけておりましたので
そちらへ・・・お席は立礼席です
o0258043212501257752.jpg

実は茶道の先生のひいおじい様が六代吉向十三軒なのです

お茶席では水差し並びにお茶碗が使われておりました
お稽古の時も先生がどの水差しになるかわからないのよ~
なんて仰っていましたが
実際に伺うととっても高価な水差しがお席に出ておりました

江戸後期に大阪・十三にて興り
裏千家の出入りを許された吉向窯です

今回も鵬雲斎大宗匠・坐忘斎お家元のお箱書の
作品も数多くございました

こちらの黒楽茶碗にてお茶を頂きましたが
なんとも手にしっかりとした重みと
触りが心地よいお茶碗でございました
o0300030012501257751.jpg

十三軒先生からお茶碗などのご説明も伺うことが出来
良い経験となりました

またまた茶道のお稽古を更に精進しなくては・・・
と心に強く思った私でした~
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[静嘉堂文庫]

昨日の続きです・・・

静嘉堂文庫美術館の敷地内には静嘉堂文庫と言う
永く後世に古典籍等を伝える事を目的とした
専門図書館です
こちらは一般には解放されておらず、研究をされる方のみが
利用可能となっております
詳しくはこちらから→ 

静嘉堂は三菱の創設者・岩崎彌太郎の弟である
岩崎彌之助とその息子・小彌太によって設立され
国宝を含む美術品並びに古典籍を多く貯蔵されています
こちらの建物は1924年桜井小太郎と言う人によって設計され
建てられました
当時のイギリス郊外の住宅スタイルを取り入れているそうです
o0480064312403530920.jpg

敷地内には庭園もあり、間もなく梅が咲きそうでした

門を入ってから美術館までは上り坂で5分位歩くでしょうか・・・
それでも都会にいることを忘れてしまう景色を見ながらですので
とても心地よかったです
また訪れたいと思います☆

只今4月からのBasic Class募集中
詳細はこちらをご覧くださいませ→ 

お帰りの前にこちら↓↓をポチッとお願い致します
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[静嘉堂文庫]茶道具の美

日曜日に世田谷・岡本にございます静嘉堂文庫美術館へ行ってきました
今年は出来るだけ予定を詰め過ぎず、色々な美術館へ足を運びたいと
思います

今回観に行きましたのは“茶道具の美~岩崎家父子二代のコレクション”
完成品は世界に三碗しかないと言われている曜変天目
曜変天目に続く評価の高い油滴天目が出品されると知り行ってきました~

台天目というお点前の時に天目茶碗は天目台と一緒に使います
天目茶碗は唐物としてとても丁寧に恭しく扱われます

今回出品された曜変天目茶碗は徳川将軍家から春日局を介して淀藩稲葉家へ渡り
岩崎小彌太の所有となったそうです

写真の青く輝いている器が曜変天目です
釉薬の上に斑点ができ瑠璃色や虹色の輝きがあります
そもそも「容変」又は「窯変」と書かれていたのですが
この神秘的な斑文が「星」または「輝き」を意味する文字に当てられたと
言われております
他の二碗は、京都の大徳寺塔頭龍光院と大阪・藤田美術館にあるそうです
唐物ですからそもそもは中国で作られたものですが
現存している完成品が世界で日本だけと言うことには大変驚きました
とても12世紀から13世紀の物とは考えられないほど美しく輝いておりました
次回関西方面へ行く際は残り二碗も観に行きたいと思います

今月号の淡交(裏千家の茶道誌)でも紹介されていたので
買い求めてまいりました
そこに昨年11月にございました池上本門寺献茶式の模様も
写真付きで掲載されており、私の先生がお家元と問答をされている
様子が載っておりました

良い物を拝見してきましたのでお稽古も頑張りたいと思いました!
天目

この静嘉堂文庫美術館の敷地には本来の文庫がございます
少々長くなりましたので続きは明日ご紹介させて下さいね!

只今4月からのBasic Class募集中
詳細はこちらをご覧くださいませ→ 

お帰りの前にこちら↓↓をポチッとお願い致します
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)

[横浜そごう美術館]輝ける皇妃~エリザベート展~

現在横浜・そごう美術館にて開催されている
輝ける皇妃~エリザベート展~へ行ってまいりました

エリザベートのファンの方は多いでしょうね
シェーンブルン宮殿もホーフブルク王宮も以前旅行をしておりますので
その時の事を思い出しながら見て回りました

今回の目玉はなんと言いましても
ダイアモンドで作られた
星の髪飾り
ダイアのカットは現在のブリリアンカットではなく
オールドカットとローズカットと呼ばれるカットで
仕上げられているそうです
美しかったですよ~

そしてちょっと面白かったのが
扇の暗号のようなお話・・・
貴婦人たちが社交の場で扇を動かすことには
それぞれ意味があったそうです
その例がいくつか書かれておりました

最近図録は買わないようにしていたのですが
今回は買ってしまいました~

表紙はベルベットのような表紙で
最初の方はアルバムのような作りになっております

開催は1月23日(水)までです
お好きな方は是非行かれてみて下さいね~
CIMG7746.jpg
美術展・演劇 | Comments (0) | Trackbacks (-)