英国式紅茶教室 Salon de bonheur 英国式紅茶教室&マナー教室 紅茶から広がる素敵な暮らしをご提案させて頂いております

【1Day Lesson募集のお知らせ】

1Day Lessonのご案内

今年も色々な方にご協力願い
お茶・食器・マナーなどについて1Day Lessonを
開催してまいりたいと思います

今年初の1Day Lessonは
ここ数年注目されおります『台湾紅茶の歴史』についてです
日本統治時代に多くの日本人によって始まった台湾紅茶
その歴史について長年お茶の歴史を研究されている
須賀努先生にレクチャーして頂きます

私のサロンでもTea Life Adviser®コースでは
台湾茶についても学んでいただいております

他では聞くことが出来ない貴重なお話を沢山して頂きます
ティタイムでは台湾紅茶をお出しする予定です

《レクチャー内容》
日本とのゆかりの深い「台湾紅茶」についてお話しします
台湾で紅茶が生産されはじめたのは、日本統治時代
当時、多くの日本人が台湾に渡り、現地で苦心を重ね
品種や製法の導入、生産指導などを行いました
その活動の結果、台湾紅茶の品質・名声は高まり
往時は重要な外貨の獲得源となっていました

当時の足取りを追って、様々な関係者へ話を聞いたり
政府機関を訪ねたところ、意外な人物が
台湾の紅茶産業へ投資を行っていたことも明らかになってきました
また、あまり紹介されることがなかった
日本統治時代が終わったあとの台湾の紅茶産業の動きもお話しします
日本時代に培った基盤をどのように活かして発展したかや
現在の新しい取り組みもご紹介していきます

《須賀先生のプロフィール》
大手金融機関在職中に、上海語学留学、
台湾、香港、北京で合計17年の駐在を経験
その中で中国茶と出会い19年前よりお茶をキーワードにした「茶旅」を開始し
アジア各地の茶畑、茶荘を訪ね歩いています
9年前に早期退職し年間250日以上を海外で活動し
国内にいるときも、全国の茶畑にも足を運んでいます
現在は台湾を半拠点に『茶の歴史』を研究中です
静岡県茶業会議所『月刊茶』にアジア茶に関して4年間連載したほか、
中国の日本語雑誌『人民中国』に「中国紅茶の旅」を執筆
現在日本台湾交流協会『交流』に「台湾茶の歴史を訪ねる」を連載中
また日本及びアジア各地でお茶関連のセミナー講師を務めています
合わせて「茶旅」を通じて、その国、地域の経済・社会・文化・歴史などを
独特の視点で読み解き、ビジネスへのヒントも提供

《レッスン日》
3月7日(土)13時~3時間予定
*時間は延長する予定がありますので
お時間に限りがある方は事前にお知らせ下さい

《レッスン費》
5,000円
事前お振込みをもちまして本予約となります

《場所》
Salon de bonheur/東京都世田谷区
東急東横線・目黒線 田園調布駅より徒歩約6~7分
お申込みはこちらからお願い致します

皆様からのお申し込みをお待ちしております
o1080091814687920059.jpg