英国式紅茶教室 Salon de bonheur

英国式紅茶教室&マナー教室 紅茶から広がる素敵な暮らしをご提案させて頂いております

Entries

☆アンティーク☆トーストラック♪

先日の英国展から連れて帰ってきました品物・・・
まずは春からずっと悩んでいた品物・・・トーストラックのご紹介です
春には5点ほど催事の際に並んでいて
どれも素敵でなかなか決められませんでした
何となくイメージは抱いていたのですが
朝食で使うものですのでエレガントさ重視より
陶器に合うものをと思っておりました
ということで、ちょうどヴィクトリア期後期のこちらを
連れて帰ってきました
メーカー:エルキントン(バーミンガム)
年代:1840-1897年頃の刻印

エルキントンの刻印は年代によって少しずつ変わりますが
こちらについていた刻印は
1840年から1897年に使用されていたものでした

イギリスの朝食で出てくるパンは日本で言うとサンドイッチ用位の
薄い物が多いのですが、こちらは少し厚めでもOKです
今までは薄めの4枚分のラックでしたが
こちらは6枚立てることが出来ます

ONSLOW GARDENSの長柄さんによりますと
中心の部分に1本棒が通っている物の方が
しっかりとしていて丈夫だそうです

次回のBreakfast Lessonから活躍しそうです☆
DSC_2111.jpg

ご訪問のお印にこちらの拍手を押して頂けますと嬉しいです♡
どなたでも拍手出来ますので~♪よろしくお願い致します
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Salon de bonheur

Author:Salon de bonheur
10年程前から別のブログで綴っておりますが
こちらではお教室の事・紅茶に関するお話・日本の習慣等をメインに綴っていきたいと思います
よろしくお願い致します

元ANAにてグランドホステスとして働いておりました
在職中怒涛の日々の生活から全く違う空間を求め、ヨーロピアン上絵付け(ロイヤルコペンハーゲン式)を習い始めました。そしていつか自分で描いたティーカップで美味しい紅茶を飲めたら良いな~と思い、紅茶の道へと入り、英国式マナーやテーブルセッティングを学び始めると共に、カリグラフィー・フラワーアレンジメント等も・・・☆
現在は海外の事だけではなく日本人として和の心を更に大事にしたいと思いサロンでも和の事も織り交ぜながらレッスンを行っております

OLをしながら小さな小さなサロンを主宰しております
どうぞよろしくお願い致します☆

2012年7月女性セブン
“おばさんになっても続けられる習い事”
に掲載されました

2017年 RSVP20号
日本で“楽しむ&学ぶ”イギリス
に掲載されました

最新記事

ご訪問者様

右サイドメニュー

検索フォーム