英国式紅茶教室 Salon de bonheur

英国式紅茶教室&マナー教室 紅茶から広がる素敵な暮らしをご提案させて頂いております

Entries

[パナソニックミュージアム]フランス印象派陶磁器

先週の土曜日パナソニックミュージアムにて
現在開催されている"フランス印象派の陶磁器" を
観に行ってきました
o0400012512945899743.png

この日は学芸員の方のお話を
お茶を頂きながら伺えるとの事で予め申し込んでおりました
o0300040012945899741.jpg
申し込み先着15名様にはアビラントの食器でお茶を・・・
とのことでしたが、私は少々遅れてしまい
普通のティーカップでした・・・
ちょうど同じテーブルの方がそちらのカップで・・・
写真の奥に見える女性の絵が描かれたマダムルソワで
提供されていました

展示されているものの多くは
アビラント末裔の方の秘蔵品・・・
現代のアビランドですと華やかな磁器のイメージしかありませんが
どちらかというとファイアンス陶器や炻器が多かったです

セーブルの影響・北斎漫画の影響などが
作品のいたるところで見ることが出来ます
時代的には1870年前後のものが多いため
ヨーロッパの中の陶磁器の歴史では比較的新しいのですが
描かれている絵などが北斎などの絵を参考にしたと思われる絵が
多いので、もっと古い感じを受けました

また新たな技法を生み出して作られた
テラコッタなどで作られた壷などには
印象派の絵をモチーフにしたと思われる点を
見ることが出来ました

ところどころに飾られたテーブルセッティングのみ
写真撮影が許されておりました
o0400030012945899742.jpg
あまりアビランドの古い作品を観る機会はございませんし
現代とは全く違うイメージを持つことが出来
参考となる展示会でした

現在でもリモージュに大きな工場が残っているそうで
行ってみたくなりました~♪
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Salon de bonheur

Author:Salon de bonheur
10年程前から別のブログで綴っておりますが
こちらではお教室の事・紅茶に関するお話・日本の習慣等をメインに綴っていきたいと思います
よろしくお願い致します

元ANAにてグランドホステスとして働いておりました
在職中怒涛の日々の生活から全く違う空間を求め、ヨーロピアン上絵付け(ロイヤルコペンハーゲン式)を習い始めました。そしていつか自分で描いたティーカップで美味しい紅茶を飲めたら良いな~と思い、紅茶の道へと入り、英国式マナーやテーブルセッティングを学び始めると共に、カリグラフィー・フラワーアレンジメント等も・・・☆
現在は海外の事だけではなく日本人として和の心を更に大事にしたいと思いサロンでも和の事も織り交ぜながらレッスンを行っております

OLをしながら小さな小さなサロンを主宰しております
どうぞよろしくお願い致します☆

2012年7月女性セブン
“おばさんになっても続けられる習い事”
に掲載されました

2017年 RSVP20号
日本で“楽しむ&学ぶ”イギリス
に掲載されました

最新記事

ご訪問者様

右サイドメニュー

検索フォーム