英国式紅茶教室 Salon de bonheur

英国式紅茶教室&マナー教室 紅茶から広がる素敵な暮らしをご提案させて頂いております
TOP紅茶マメ知識 ≫ 《茶産地》国産紅茶を作りに行ってきました~Part4~

《茶産地》国産紅茶を作りに行ってきました~Part4~


さて現場でのお茶作りが一段落してから
村松さんが近くのファクトリーへと連れて行ってくださいました

本来見学したいとお話しますとこちらで研修をさせて下さるそうです

Salon de bonheur

このファクトリーがあるところに起樹天満宮があります

こちらにはこの丸子にて紅茶の栽培を明治時代に始めた
多田元吉翁の碑が立てられております
多田元吉翁は明治9年にインドに派遣されて技術を持ち帰り全国に広めました

Salon de bonheur

現在この碑の下にはお茶の樹が植えられています
枝を折って持ち帰ってしまう方もいらっしゃるようで
少々荒れておりましたあせる

こちらは多田元吉さんが持ち帰った種を元に改良を重ねて出来た
ただにしきが植えられております

Salon de bonheur

こちらは紅富貴の母であるべにほまれ
(紅富貴はべにほまれと枕Cd86というお茶を交配したものです)
Salon de bonheur

いずみはべにほまれの子にあたります

Salon de bonheur

こちらは碑に裏側に植えてあるアッサム種の樹です
葉の形も大きく艶があり厚みもあります
パッと見ただけでも違いは分かりますね~
Salon de bonheur

お茶作りのお話はもうちょっと続きます・・・





スポンサーサイト
紅茶マメ知識 | Comments (-) | Trackbacks (-)