英国式紅茶教室 Salon de bonheur

英国式紅茶教室&マナー教室 紅茶から広がる素敵な暮らしをご提案させて頂いております
TOP ≫ CATEGORY ≫ 紅茶教室Brush up
CATEGORY ≫ 紅茶教室Brush up
       次ページ ≫

♡Brush up♡ご報告~ティタイム編~

おはようございます
Brush up Lessonのティタイムです
こちらのレッスンではその国にちなんだお菓子をお出しするようにしております
今回はドイツでしたので、バウムクーヘン(2種類)とロジーネンテゲベックをお出ししました
バウムクーヘンはねんりん家の物をご用意し、ロジーネンテゲベックは作りました
また簡単なアフタヌーンティ形式に致しましたのでサンドイッチも作りました
紅茶はこちらもドイツ・ロンネフェルト社のゴールデンアールグレイ
ダージリンファーストフラッシュ・セリンボン茶園をお出ししました
ロンネフェルトのゴールデンアールグレイは以前ゴールデンダージリンアールグレイと言う名で
昔アールグレイの会を行った時に一番人気だったアールグレイです
私もアールグレイの中ではこちがら一番好きです
次回はウィーン窯(アウガルテン)の予定です
御検討中の卒業生の皆様、お席ご用意できますのでお申込お待ちしております
P1010243.jpg
スポンサーサイト
紅茶教室Brush up | Comments (-) | Trackbacks (-)

♡Brush up♡ご報告~レクチャー編~

おはようございます
先日の日曜日より今年のBrush up Lessonが始まりました
名窯シリーズ第1回目はマイセン編でした
マイセンの事をお話しする前に必ずドレスデンのお話をするのですが
毎年そのお話を致しますと皆様ドレスデンへ行ってみたくなられるようです
私が初めて行ったのはもう20年以上前でしょうか・・・
随分近代的な部分もありますが、やはりヨーロッパは街並みをとても大切にするので
良い部分が沢山残っている素敵で美しい街です
そんなドレスデンのお話からマイセンへ・・・今年も沢山お話いたしました
またご質問も頂きましたので、只今調べております♪
どのレッスンでもそうですが、質問を頂きますと私自身も大変勉強になります
ですので質問をどんどんして下さいね~
明日はティタイムをご紹介いたします^^
マイセン1
本日も応援よろしくお願い致します
紅茶教室Brush up | Comments (-) | Trackbacks (-)

明日お待ちしております♪

おはようございます

明日はBrush up Lesson~名窯シリーズ ① マイセン編~のレッスンです
ご参加の皆様気を付けてお越し下さいませ♪


♡Brush up♡ご報告~ティタイム編~

昨日の続きです・・・
ティタイムに使用した食器は、レクチャーで使用する物と
柄が重ならないように全て別々の柄でセッティング致しました
フランス風アフタヌーンティ形式で
紅茶はお1人ずつポットサービス・・・
ティフーズもサンドイッチはクロワッサンサンドで・・・
それ以外には苺のケーキ・マカロン・ダックワーズとフランス菓子でまとめました

DSC_5014.jpg

紅茶は昨年ヘレンドへ行った際、見学ツアーのショップにて販売されていた
ヘレンドティをメインに淹れさせて頂きました
DSC_4988.jpg

4回に渡って行ってきました名窯シリーズ♡
私自身とても好きなテーマですのでこれからも新しい情報を入れつつ
来年も行いたいと思います♪

ご参加下さいました皆様有難うございました

♡Brush up♡ご報告~レクチャー編~

3連休は皆様いかがお過ごしでしたか?
私は土曜日だけプライベートな時間で茶道のお稽古・・・
そして日曜・昨日はレッスンをさせて頂きました
今日もこれからレッスンです♡

さて、本来6月に行う予定でした
Brush up Lesson名窯シリーズ~ヘレンド編~
今月2グループ(7月9日と17日)に分けて行いました
本来4名様の満席でしたが、振替の日程がお二人ずつになりましたので
ゆっくりとしたレッスンをさせて頂きました
私がヘレンド大好きなせいか、生徒様もヘレンド好きな方が多いです

今回のレクチャーで使用いたします食器・・・
全てパターンや名前などに色々なお話しが付いておりますので
このように並べさせて頂きました
Herend.jpg

まずはヘレンド村のことをお話し、工場や美術館・レストラン・製造工程などは
昨年行ってまいりました写真をご覧いただきながらお話を致しました

また食器にまつわるお話ではお城や宮殿などについても

とにかく話しても話しても時間内で終わるわけはなく(試みましたが・・・)><
昨日はティタイムも含めて5時間半となっておりました^^;
(もちろん生徒様から沢山のご質問も頂きましたし、お帰りの時間も確認しております)
どちらの回も長時間のレッスンお疲れ様でございました

次回はティタイムをご紹介いたします♪