英国式紅茶教室 Salon de bonheur

英国式紅茶教室&マナー教室 紅茶から広がる素敵な暮らしをご提案させて頂いております
TOP ≫ CATEGORY ≫ アンティーク・茶道具
CATEGORY ≫ アンティーク・茶道具

先日出会ったものは?

昨日は蒸し暑かったですね・・・
気温差が大きくてなんだか疲れます・・・
皆様くれぐれも御自愛下さいませ

さて、先日出会ったアンティーク(正式にはヴィンテージになりますが)ですが
実はトレイだったのです☆
ギャラリートレイが以前から欲しいな~と思っていたのですが
見かけるのは楕円形か円形の物が多くて、何となく決断が出来なかったのです!
しかしながら、今回出会いました物は長方形・・・おまけにとっ手が付いていて
底にはボール&クロウの足がついております

ティセットをのせるだけでは無く、ティパーティなどの時にはサンドイッチやお菓子をのせて
お出ししても良いかな?と思っております
現在は写真の方jに茶葉の缶を飾っております♪

大きさも丁度良く、気軽に使えるものと出会えて良かったな~と思います☆

それにしても紅茶缶・・・沢山あるんですよね~いつかサロンに飾ることが出来たらな?
と思っております♡
Try.jpg



スポンサーサイト

アンティークは出会いだと思うとついつい・・・(笑)

昨日は久しぶりのお天気で気持ちが良かったですね
やっぱり太陽の光は元気にしてくれます

さて英国展で見つけて素敵な物をご紹介いたします♪
さてこちらは何でしょうか???(毎回クイズ形式ですみません・・・)
正解は後程~
DSC_5226.jpg

さて、明日もクリームティを愉しむ会を開催いたします
昨日も皆さんに喜んで頂けました
明日も喜んで頂けるように頑張ります
ご参加の皆様気を付けてお越し下さいませ♪

HerendのPaper Napkin💛

けっこうPaper Napkinが好きで海外では必ず買ってきます
以前クラブヘレンドジャパンではお買い物をすると
色々なGoodsを下さっていました
今はポイント制になってしまいました・・・
頂いていたGoodsの一つがPaper Napkinでした
左上が頂いたもの・・・右下は昨年ヘレンドの工場で購入してきたものです

以前は日本のデパートなどの売り場でも左上の物が
販売されていましたが、先日日本橋三越でちょっと覗いてみましたら
右下のNapkinが販売されていました
左上のNapkinは沢山持っていたので色々な方に差し上げてしまい
今はこの4種類の柄のみとなりました
とっても薄く繊細なNapkinです

あまりPaperを使うことは無いのですが
もう無いかと思うと更に使えなくなってきてしまいました・・・
それにしても本当にサロンには沢山Napkinがあるわ~

Napkin.jpg

キャ~゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆可愛い♡の正体は?

昨日ご紹介いたしましたベアーですが、一緒にこんなものも付いておりました
DSC_5197.jpg
また一緒に小物も付いていたのですがそちらには・・・
DSC_5198.jpg
もうお分かりでしょうか?
DSC_5199.jpg
こちらはイギリスの紅茶メーカーRINGTONS社が7500体限定で作ったポットなのです
ベアーの部分が蓋になっていて、ベアーが食べているのは以前RINGTONSで
販売されていたお菓子だそうです
ウィロー柄のソファにベアーが座っていて、傍らにはウィロー柄のティセットが乗っている
台(蓋が空くようになっていて小物入れ?のようです)が付いています
以前よりこのCARDEW DESIGNのTEA POTを欲しいな~と思っていたのですが
結構欲しいものは大きくて・・・
でもこちらは何とも可愛いくて、ポットぽくないので購入いたしました
是非サロンでご覧くださいね♪

食器とピッタリなアンティーク♡

週末からシルバーウィークに入り
昨日からお彼岸となりましたがお天気悪いですね
なんだかシルバーウィークと言われていますが
こうお天気が悪いと楽しめませんね・・・

さて先日チラッとご紹介したこちらのお品・・・
DSC_5151.jpg

実はキャンドルスタンドでした
時代的にはヴィクトリア時代・・・ネオクラシックのキャンドルスタンドです
こちらのキャンドルスタンドを観た瞬間,持っている食器にピッタリ~
と吸い込まれていきました

ウェッジウッドのマデリンもネオクラシック調のメダリオンがポイントとなっております
マデリンはマドレーヌ寺院をイメージした作品と言われており
そのマドレーヌ寺院が建った時代(1842年)がイギリスではヴィクトリア時代なのです

こちらのキャンドルスタンドはシルバープレートですがMakers'Marksが入っており
そちらを調べてみますと1850年~1873年頃のようです
ティタイムではキャンドルは立てませんが
こちらの食器はディナーも持っておりますので
ちょっと思い描いているテーブルを作る際に活躍しそうです

テーブルをコーディネートする際
時代を合わせることがポイントのひとつと言われております

これまで時代を統一しなくては・・・と拘って集めてきたわけではございませんが
何となく自分が好きなモチーフやデザインは自然と時代も統一している気が致します
ブレないこと・・・これが一番大切かな~
DSC_5164.jpg